バランスを維持する。それが運命を良くするということ

運命を良くするとは周囲との調和を作っていく事

私が占いにおいてお伝えするのは、バランスを整えるという事をやっていく為に今、何をすべきかということになります。

バランスしているとは円滑に動いていることを意味します。しかし、バランスとは非常に繊細な性質をしていて、少しのきっかけで乱れを生じます。その乱れが、実に様々な問題として表出してくるのです。

バランスの乱れとは、良い行いをしていても良い生き方をしていても出てきます。それは、本来、その乱れは軌道修正の機会として存在しているからです。

バランスの乱れが引き起こす問題が体のバランスであれば、痛みや機能低下となり表れます。家庭であれば、様々な部分に表出する問題となり表れます。

自分の体に出た場合、そのバランスは自らが取るのが一番早いです。なぜなら、体のバランスを乱しているのは、自分の生活の何か悪い部分を見つめる為とか自分の考えを改める為に出ているからです。しかし、それは、愛によって家族が代わりにバランスを取ることも出来ます。例えば、小さな赤ちゃんには何も気付くことは出来ませんね。むしろ、そのような場合、その子を通して、親や祖父母が気付くことがあると言ってよく、自分の体に出ているサインを見逃しているから、子供を通して大事な事に気付くように何かの作用が働いているのです。

家庭の中のバランスも同じで、自分が気付いたら自分がバランスをはかるのが一番早いです。誰が悪い、私は悪くないということに拘っている間に、自分の置かれる環境が悪くなるだけなんで。何かを見つめ改善するというのは、家庭であれば、誰が整えても良いものです。しかし、バランスを整えるには自分がこうして欲しいという事からは離れなければなりません。自分がこうして欲しいとは、まず自分が満たされたら動きますということです。これは願望ではなく単なる欲望ですから満たされることはなく、永遠に行動は起きてきません。欲望とは際限がないのです。あなたがまず第一番に行動し、何かを変えていこうとするならば自分が望んでいる、こうしていきたい・こうなりたいという方向性が自然に生まれ変化が起き始めます。

自分がこうして欲しいが先に来るというのは、誰かにバランスをとって欲しいと願っている状態で圧力でしかありません。

自分が先に行動していこうというのは、自分が何かを変えていきますという強い意志であり、決意で、良い流れを生み出します。

つまり、何かに気付いた自分がまず行動することで何かが変わります。その行動により、バランスが取れ始め、やがて自分が願っていた状況が、家族の為に自分が無心で行動した結果としてやってきます。

バランスとは調和をとることですから、人に圧力をかけたりすれば崩れる・悪化するのは必然です。バランスは、人を変えよう、人にやらせようというものでは成立しないのです。

健康とは身体・心・魂から不要物を取り除き活性化する事

身体的健康とは、新陳代謝がうまく促せているかということになります。新陳代謝が滞ると、体には余計なものが溜まりやすくなります。

新陳代謝とは、この場合、気持ちを常に切り替えられているかということになります。新陳代謝を起こすには、感謝の心しかありません。感謝の心を持つには、常に自分以外の家族の気持ちを考えていなければなりません。自分の事だけ考えていると、当然、感謝など出てきませんね。

家族の気持ちを考えるには、家族の事をよく見ていないといけません。多くの場合、家族といえど、お互いが無関心のことが多いものです。

心的健康とは、循環機能が活発であるかどうかということになります。循環が滞ると、気力が失われ心に虚無感が溜まりやすくなります。

循環機能とは、この場合、継続して何かに対して向き合えているかということになります。循環機能を活発化させるには、「私は出来ている」という壁を超えていくしかありません。その壁を超えるには、家族に対して自分が出来ることを考え続けないといけません。家族の問題を他人事と考えていると当然、問題があるのは本人が頑張らないからで自分には関係ない、私は出来ているから問題ないとなり、何かに向き合う機会がなくなります。その無関心が問題になっているのに気付きましょう。

継続して何かに対して向き合うには、自分以外の家族に意識がいっていないと無理です。自分に対して考えることなど、誰しもさしてないものです。自分のことなど一瞬で考える事がなくなりますから。そんなことないという人は、自分の事を考えているつもりで、家族が自分にこうしてくれたら、私は。。みたいなことを延々と考えているだけだと思います。

家族の問題を自分の事として考えていくには、その気持ちの理解が大事になります。多くの場合、家族といえど、その気持ちがどうであるかなどあまり考えないものなのです。だから、むしろ自分を優先して自分以外の家族を責めたり非難したり、自分が疎外されているなどという人が多いのです。そういう人は、意識が自分にしか向いていないから、愛を沢山もらっているのに気付けていないだけなのです。

魂が健康とは、自律機能がうまく反射的に作用してるかということになります。自律機能が滞ると、暴走し身近な人を攻撃し、自分の居場所を失います。

自律機能とは、この場合、やらばければならないことを素直に受け止めていけるかということになります。自律機能を反射的に作用させるには、人を批評して貶めるより自分の行動を省みて周りに歩調を合わせられないかを模索していくしかありません。人のせいで自分の状態が悪いなんて言っている限り、自分で病気を創造していきます。

人を批評して咎めるのは、自分の行動を省みるより楽ですが、それはその場の快楽に過ぎず、必ず自分を追い込みます。

だって、人を批評する時、無意識化において必ず、自分は完全であるのかということを自分で問い始めるからです。人が人である限り、完全体などということにはなり得ません。ですから、その自分への問いに応えられなくなり、自分を保てなくなれば本当の病気になります。仮にその問いに答えを見出してしまうと。。つまり自分が完璧であるということに到達してしまいますと、待っているのは霊的作用の発動つまり悪い存在への変貌です。

悪い存在とは、自分勝手ということです。そして、そうなってしまいますと、目的はただ一つ、調和を乱す為に生きていくということになります。なぜなら、自分は完全体ですから、自分が何事においても正しく、すべて周囲が悪いという結論を常に持っているからです。

このような悲しい存在にならないように、人は、素直さ柔軟さをもって自分を省みるのですね。だって、我々、人は完全であることなどあり得ないのですから。常に省みることがあり、今より良いということを創造していけるのですから。

過去・現在・未来のバランス、つまり未来を好転させるには自分の役割を果たすことに専心する事

自分の精神世界は、今まで自分が経験し体験したことで構築されています。つまり、それは過去を示しています。

自分の直感は、その時に受け取る情報で、ものの良し悪しを判断しています。これは、瞬間的判断で現在を示しています。

自分の人格は、感情のコントロールで形成されていきます。感情のコントロール次第でその先の状況が変化します。つまり、これは、エネルギーの放射で未来を示しています。

この3つは順に繋がっています。

精神世界とは、過去を意味しますが、それは分かりやすく言えば、あなたの価値基準です。その価値基準が、現在のあなたの直感を導き行動・発言します。その、行動・発言は、周囲に多大なる影響を与え、あなたの環境を形成していきます。

この3つの世界(過去・現在・未来)のバランスをとるには、あなたの価値基準を見直し、あなたの行動・発言を変え、環境をより良いものへと変えることでしか出来ません。

そして、それが可能なポイントは、現在しかありません。その3つの世界は常に、現在という軸の中でしか存在出来ないからです。過去から見ると未来という時間軸しか存在せず。未来から見ると過去という時間軸しか存在しません。3つの世界が交じりあっているのは、まさに今、現在なのです。

現在から過去を見つめ直すことが出来ると、あなたの価値基準は変わり、今現在のあなたの直感が変化し物事の捉え方が変わり、あなたの発する言葉や行動が別物になります。それは、あなたの周囲に好影響をもたらし環境はあなたが望むものに近づきます。事態が好転していくとは、このようなシステムにより起こります。

そのシステムが故に、私の占いがお伝えするのは、未来予知ではなく、今すべきことになるのです。

過去を清算するのも、未来を創るのも、今あなたが何をするか次第です。つまり、過去・現在・未来においてバランスを整えるシーンは現在でしかないということに帰結するということです。

礼儀・感謝・道徳を養わなければ正が邪に変わる

行動には正しい意識が伴わなければなりません。やった方が良い事があったとしても、やればいいんでしょという意識では、変化は限定的となります。また、自分の考えでやると、やはり、良くないことばかり起きるから仕方ないので、やりますわというような意識でも、変化は打ち消され兼ねません。

占いの存在意義は、今のあなたにとって何か変えがたい事を変えないといけないことをお伝えしていくということに尽きます。これは何故かというと、もし、自分が楽に感じることだけをやる、納得いくことだけやるなら、そもそも、あなたのやりたいようにやっているだけだから、占いなんて必要ないわけです。

占いを聞きに来られるということは、あなた自身も何かを変えないといけないということは、一応理解しているわけですね。でも、あなたが、お話を受け入れるという態勢にないならば、変えたいとは思うけど、楽して変わる方法はないかと思っているということになります。はっきり言いますが楽して変わる方法はありません。何故なら、変化とは、何かを受け入れ、自分の考えをブラッシュアップするところにしか生じないからです。あなたが変わらずして起きた変化は、あなたの周りの方の努力によるものか、たまたまの偶然つまり元々、何もしなくて好転する運命だっただけのことです。それは、あなた自身にとっては、実際には何も変わっていないから変化とは呼びません。

変化とは、必ず自分の変革の先に起こります。自分が変わっていこうとする時に大事になるのが、礼儀・感謝・道徳の3つです。

礼儀とは、誰かに何かを促す前に、果たして自分は考えてから行動出来ているのかを自分に問うということになります。礼儀を欠くとは、自分が求めるものを得る為にみさかいをなくしている状態をいいます。礼儀が整っている時、自分と相手の両者が心地よい自然体で物事が進行していきます。何か不自然さ、特に圧迫感を与えている感覚が自分にある時、それは礼儀を欠いています。

感謝とは、希望が芽生えた時、有難いと感じた時に素直に出てくる気持ちです。自分はそれを受けるべくして受けているとして、その気持ちすら持たない人が多いので、そういう時にそういう心境になるのは、感謝の心があります。しかし、真に感謝を運ぶというのは、良くない出来事が起きた時に、失望するような事案が発生した時に、心を整理して物事に臨めている時の心境であります。これは、その出来事を通してしか、自分は気付けない事に気付けたという感謝であります。悪い状況の時ほど、誰かの責任を問いたくなります。しかし、それは、負が負を呼ぶスパイラルを生み、次から次に悪いことが起きてきてしまいます。

道徳とは、自分が正しいやり方で進んでいくと、人がどうであれ、物事は良いように変化していくということを受け止めるということになります。人は悪い存在がいると、そのペースに引きずられがちになり、なかなか良い方向に軌道修正を図るということが難しいものです。悪い存在は、本当に良い存在のペースを乱してきます。実にやっかいです。しかし、そのことに囚われてしまい過ぎると、その悪い存在に向けて変わってくれないかなあという希望を抱いてしまいます。これは、悪い存在ですから、決して変化は起きません。起こらないものをずっと期待して待っている状態です。こうなると、自分も執着が出てきます。それは、いくら私がやっても、それ(悪い存在)が邪魔するから無理だとなります。これは、諦めていますから、道は開けてきません。道を切り開くには、誰が良い悪いとかに拘らず、自分がやるしかない!自分がやれば家族は幸せになる!変化は必ず起きる!という信念を持つことです。道徳とは、自分の意志を貫いてまいりますという覚悟です。それが定まると、悪い存在の影響を打ち消し、次々に良い変化が起きて参ります。

この礼儀・感謝・道徳の心を家庭で実践するという気持ちで、占いを聞きに来ていただきますと、邪を封じ正となり、あなたの運勢が高まるのです。