方向性を間違うと周りとの関係に響く

何かに対する感情は自分の中の解決出来ない何かと結びつくことがあるので注意が必要です。


例えば、誰かの仕草や誰かの態度に感情を使う時にはたまたま自分の虫の居所が悪いということがあります。


これは、本来は別のことで感情を害していたのにたまたま、その時に目をした相手に向けて感情を出すことになります。


原因ではない方向に向けてこのようにしてしまうのは非常に良くないことになります。
問題が複雑になり自分もおさまりがつかないし相手もわけがわからず困惑します。


だから、突発的に感情をあらわにするのは運気を下げていきます。


問題点がすり替わってしまっていることに人は自分でもなかなか気付くことが出来ません。
だから、人に対してもの申す場合には冷静に考えてから話す必要があります。


勢いだけでやってしまうのは負の感情の場合は避けるべきことです。
まずは、自分にきちっと向き合い自分に問題がないか見つめてみましょう。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です