自由な時間がない時、モチベーションは保ちにくい

何か自分のモチベーションをあげる為に必要だと思っていることが出来ないから自分はやる気が出ないという時、気を付けないといけないことがあります。


モチベーションとは本来は自分で目標を定めてそこへ自分を追い込んでいき、なにがなんでもやり抜くという覚悟を言います。


それが多くの人の場合、やる気がないからやる気を出すきっかけ作りみたいなものとして捉えられています。こういう時、そのきっかけとは自分が今、満足出来る内容のことをするということです。


でも、モチベーションとはそれとは本来は真逆のことです。自分を追い込むということですから自分の満足が今、満たされるということではなく、将来、目標をかなえる為や結果を得る為の努力を言います。


モチベーションを自分が今、満足して何かの行動のきっかけにしようと考えているとき、そこにはある程度の自由があなたにあります。

ですが、その自由度が崩されるケースがあります。そういう時、今までは自分の時間を自分の為だけに使えていて、全て自分のペースで出来ていたのにそのペースが崩されるような、自分のやりたいことが制限されるような感覚に陥ってしまい、新しい生活に適応することことが難しいです。


新しい生活になったときには、誰かの為に自分が動かないといけないことが増えています。その部分への不満がやる気が出ないことに繋がっています。


つまり、モチベーションということが自分の脳裏をよぎるとき、自分の好きな習慣をやろうとするのではなくまず、生活が変わったということを受け止めて考える必要があります。
その上で周囲の人と協調しながら心を和ませる時間を考えていくということが大切です。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です