受け入れることが難しいのを察知して対応する

報告をするというのは自分が言いたい、伝えたいと思うことを相手に受け取っていただくことです。


受け取ってもらうにはタイミングや相手の気持ちを考えていかないと正確に伝わりません。
内容の問題ではなく伝えたい相手の状態が悪ければうまく伝わらないことがあります。


自分の想いが強すぎてしまうと相手の状態をよく見ないで伝えようとしてしまいがちになります。
なぜ、自分の言うことが相手には分からないのだろう?という時は相手にとっては不都合なタイミングであると考えた方が良いです。


そして、そういうことが頻繁にある場合は相手はかなり状態が悪いので気を付けて接してあげるべきです。


何かを受け入れられる態勢にないので何かをこちらから伝えるというよりは相手の考えを聞くというスタンスが良いです。


その際に知りたいという気持ちは厳禁です。
何を考えているか掘り起こそうとすればするほど相手はその気持ちを埋めようとします。
聞くといってもこの場合は相手の中の表現出来ない気持ちに寄り添うだけです。


その表現は意味を考えても意味がないのでわかりません。しかしながら、相手にとっては表現出来ない何かを出すということになり楽にはなっています。
意味を考え出すと自分が迷い始めるので意味を考えず相手の何かを矯正しようとしないことが大切です。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です