損は運を引き寄せる

何らかの運命協同体というのはお互いが噛み合っている時は凄く幸せな時と感じます。
しかし、何らかのズレが生じ始めると、ズレを戻そうと無理が出てきます。


ここに比較するという非常にやっかいな感情が出てきます。
その感情が損得勘定につながります。


私はこれだけやっているのに周囲がやらないのは私が損をしていると思うというようなものです。
本当は自分が動いたことで周囲との協調が取れるはずなのですが損得勘定が働くと損と得のバランスに気持ちが持っていかれて動いても動いてもなかなか噛み合わない状態が続きます。


これは自分が損得勘定で動く限り周囲も損得勘定で動くからです。
確かに自分だけが努力しているというように思えることは起きてきますが、
それでもその努力は必ず自分のために帰ってきますので周囲がどうであれ自分がやるべきことをまっとうしていくと良いことは必ずあります。


結果的に周囲のためにやることになっても本来その周囲の人がやるべきことを請け負っているのでその分、運が貴方に上積みされます。
つまり損得勘定を考えないで行動すると運という観点からは得をするようになっています。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です