家庭における大きな変化に馴染むまでの注意点

自分を保つというのは普段はそれほど意識せずとも出来ています。


しかし、空間にスペースが生まれる時、影響を受けて自分を見失い乱れる人がいます。


これは家の環境に大きな変化がある場合や自分以外の誰かに大きな変化があるような場合に起きます。


こういう時に埋めきれない何かを無意識に感じとって虚しく感じたり、些細なことでいらついたりします。


ですのでそういう変化があった場合は無理矢理でも自分の予定を埋めていくことが大切です。また、こういう時期は他人の行動に対してあまり意識を向けず自分が出来ることをするという形をとるのが良いです。


こうすることで自分に意識を集中し、自分を保ちつつ周囲に対して干渉せず違和感を与えずやり過ごすことが出来ます。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です