正しい考え方は必ずしも正しくない

一般的な理論として正しい考え方というのはあります。


しかしながらその正しい考え方がどのような場面でも適合するのかと言われると答えはNoです。


たとえば信頼関係がある間で少数の人たちの中でならばその正しい考え方を納得させることは可能かもしれません。
それはその正しい考え方を発した人が普段から周囲の人の信頼を得ていて何か指導的な立場に立っていれば比較的、やりやすいだろうということです。


ですので、普通の関係性においては、自分が正しいと思う考え方にあまりにもこだわり過ぎると周囲との衝突が起きます。


一般的に正しい考え方というものはあくまで一般的ということでたくさんの人が集まれば集まるほどそこには多様性が生まれますのでその一般的に正しい考え方の間を縫うような考え方も出てきます。


つまり一般的に正しい考え方があるとしても新たな側面からそれも納得みたいな考え方が派生してきて、主流ではないのですが集まった人たちによってはそれが主流と化す場合もあります。


ですから自分が思う正しい考え方にこだわり過ぎると柔軟に周囲の思う正しい考え方に合わせにくくなりますから自分が思う正しい考え方はあっても良いのでいろんな考え方があるというのは、はじめからわかっておくのが良いです。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です