自分自身の力を尽くした先にある感覚

何か物事に取り組む時、誰でも成功するということや目標を達成するということを念頭に置いています。


これは自分が成長していく過程では当然のことです。


一定の成果を得たり何か決められたことを達成することで満足出来るからです。


通常はその繰り返しで良いと思います。
短期的に成功したり、目標を達成したり中長期的な成功を収めたり目標を達成したりその繰り返しの中で人は成長していきます。


そうしていくと人によってはさらに上の段階に意識が向いてくることがあります。


それにより、成功とか目的の達成とかではないことを意識しなければ何か自分がどこを向いて進んでいるのかわからないような感覚に陥るときがきます。


この時に大事なのは自ら進んできた道を振り返り今の自分があるのは…ということを自ら問うことです。


そうすると、単純に今までのように自己を満たすという所を越えていくことが出来きます。
それは今の自分があるのは自分の力ではないということに気付くからです。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

場の力