真実の心を込める

思いやりというのは大切なものです。
但し、思いやりをただただ優しくすることと捉えて行うと間違えが起きてくることもあります。


思いやりとは相手の為を思いあなたが心を尽くすということです。
だから、単純に優しくするということではなく相手の為を思うなら自分が口を出したり、手を出したりすることをせず黙って見守るというということもあります。


また、相手の為を思うからあえて厳しいことを言う、あえて厳しい態度をとる、ということもあります。


思いやりをただ、優しくすれば良いと考えてしまうのは相手のことを想う気持ちよりも自分を守りたいという気持ちが勝ってしまっているからです。
これは、優しい対応をすれば相手を傷つけることがなく自分も傷つかないから良いだろうという錯覚です。


心を尽くすのは勇気がいります。
だけど、相手のことを本当に大事に思うならばその勇気が必要な場面があります。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です