自然な流れから繰り出す

言いにくいことは流れが来たタイミングで話すのが一番良いです。急に話題を変えたり、勢いだけで話そうとすると、相手からの反応は好意的なものとは中々なりません。


人は言いにくいことを抱えているとき、どうしても早く言ってスッキリしたいという思いがあります。しかし、言いにくいということは、その話す内容は、そもそも相手も受け入れ難いだろうなと自分も強く認識していて何とか隙をついて、話を自分と相手の間に滑り込ませようと躍起にはやっています。

しかし、
それは話をする相手とのエネルギーの流れから考えると自分が楽になりたいから一方的に話すということになり攻撃的な側面を負うことになりあまり良い結果を生みません。
言いにくいことは、流れがくるのをじっと待つのが肝要です。


流れがくるとは自然にその話題になるということです。
そして、その話題は自分ではなく相手からか全くの第三者から起きてこなければなりません。
この時、エネルギーは自然に発生するということとなり相手にとって受け取りにくい内容も比較的、穏やかに伝わります。


言いにくい内容は下手をすると相手との距離感を生んでしまいますのでタイミングが非常に大切です。流れを待つというのは、時間を要しますが、相手のことを思うならば、相手との関係を大切に思うならば、その心遣いは、きっと何かに結びついていくことでしょう。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

物事を掘り下げる