食べ物を使った開運法

  • 食べ物で考え方の悪さを中和 
  • 食べ物で老廃物を排出 
  • 代謝機能に食べ物を合わせる 
  • 食べ物で特定の運気をあげる 
  • 食べ方で自分の能力を引き出す
食べ物で考え方の悪さを中和 

思考というのは良くも悪くも連鎖するものです。良い思考が連鎖していけば、物事がうまく回り変化が生じやすくなります。良い思考の時、体の中では循環が活発となり、澱みが生じにくく、健全な状態が維持されます。思考がマイナスになり些細なことを大きな問題のように錯覚したり、ないことをあることのように誤認したりし始めると、迷妄が連鎖して体の中では、循環が鈍り、各部位にて滞りが出始めます。思考の悪さは、体の状態にダイレクトに反映されます。心と体はリンクしていますから、心の状態は体をみてもわかります。思考の悪い連鎖が始まったばかりの時には、食べ物でその連鎖を止めたり、解消したり出来ます。思考の滞りは初期の間はお腹に生じますから、このようなことで対応します。

食べ物で老廃物を排出

外的な要因により、負担がかかると体は歪みを生じます。外的な要因とは、本来、自分が追うべきではない責任を問われたりする理不尽なプレッシャーをいいます。それは圧力ですから、形状に異常をきたし、体のバランスを崩し体調を悪くします。このような時、その圧力を緩和する手段として食べ物を使うことがあります。この圧力は、かけてきた相手の吐き出したもので、そのエネルギーの塊は、きちんと排出しないと体の中の老廃物と混ざり、歪みを改善しずらいものに変えていきます。そうなると、歪みをとるのが簡単には出来なくなるので、早めに食べ物などで対策しておくべきです。

代謝機能に食べ物を合わせる

自分が持っている人に対する時の思考パターンが体の代謝機能に大きく関与しています。代謝機能が高ければ痩せやすく、低ければやせにくいということになります。みなさんが間違ってやってしまうのは代謝機能が低いのに痩せようとするという流れに逆らってしまうものです。代謝機能が低い時、対人関係の処理に何らかの課題が存在しています。このような時、痩せるという行為は、自分のエネルギーをそぎ落とす行為です。課題により多量のエネルギーを必要としますから、体にはエネルギーを蓄えておかなければなりません。もし、自分の体に必要なエネルギーが蓄えられていないと、他のもので調整することになりますから運命の狂いが多方面で発生します。ですから、体にエネルギーを蓄えられることは、運命という観点からは大事なことなのです。そういう観点から、現状に合わせて食べ物に対するアドバイスをする場合もあります。

食べ物で特定の運気をあげる

何かを成せる能力があることと、その力をうまく発揮出来ることとは全く別物です。自分が持てる力をきちんと必要な場面で出せるかは偶然ではなく、日頃より運を高めておくことが準備としていります。大事な場面で決め手になるのは能力があることよりも入念な運の醸成です。入念な運の醸成は、時に能力差の逆転を引き起こします。能力を高めるというのは、大切ですが、それをきちんと使えるものとして高めていくということが理解できているとなお良いです。運の醸成には、色々な方法がありますが、素直な人には食べ物により目的を達する運を引き寄せるということが可能です。

食べ方で自分の能力を引き出す

本来、備わっている能力に自分で気付けていないというのは、よくあります。本人の危機を回避しなければならないような重要な局面においては、自動的にそういう能力は発動されます。ただ、意識的にコントロールしているわけではないので、その能力の存在には気付きません。能力とは、自覚しないと正しく利用することが出来ないのです。その自覚を促す為に、食べ物を使います。食べ方の創意工夫をすることで、自分の中で眠っている力を呼び覚ますのです。自分の能力が自由に引き出せれば周囲の人を幸せに導くことが可能になります。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

気概と実践