思考が体を強くする

人の体は、抵抗力が弱まると風邪を引きやすくなったり食あたりを起こしたり皮膚が弱くなったりと外的な要因で悪い方向に傾きやすくなります。


逆に言うと抵抗力があれば外的な要因の影響を受けにくいので病気にはなりにくいということが言えます。


では、抵抗力はなぜ下がるのでしょうか?
それは負の感情や良くないエネルギーを処理しにくい体になっているからです。


それらは単純に疲れがたまっていてもなりますしストレスの発散が出来ていなくてもなります。


単純に疲れがたまっている場合は充分に休息をとるか疲れを早く処理出来る体に整えるかです。


ストレスの発散が出来にくくなっている場合はストレスがたまる要因を見つけてそれに対して行動したり思考を変えたりしていくと体が整ってきます。


整体(気功ヒーリング)をしてすぐにその場で結果が出るのは単純な疲れがあっただけだからです。


整体をしてもなかなかその場で変化がないのはストレスがあるからです。根深い場合は思考の転換がかなり必要です。
思考が変わると体が変わり病気になりにくい体になります。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です