髪は内面を表す

髪の毛は外見上目立ちます。自己主張しやすい箇所とも言えますが、本来は自己主張の為ではなく内面を輝かせる為に、その色、型がとても大切です。


髪の毛には感受性を高めるという働きがあります。
ですから自分の髪型や色や髪質などを否定すると感受性が鈍くなります。人から見やすいということで非常に気になることではありますが、気にしつつも受け入れる気持ちが大切です。


また、人の髪型や色や髪質などを否定すると好意的だった人がそうでなくなります。髪の毛は、人の内面を表す以上、髪の毛をいじると人格の否定になってしまいますから注意が必要です。


ですから、髪の毛のことはよほどのことがない限り触れないか触れるならば褒めるのが良いです。


また、髪の色はその人の風格を表現するものですから必要に応じて変えるのもありです。
しかし、その風格の表現を間違うと良くない事態を引き起こしますから注意は必要です。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です