体調を整えるには原因を知ることが大切

体調はいろいろな要因で変化しますが、その要因は大きくは三つに分類出来ます。
自分の思いや考え方が体に及ぼす影響、   食事が体に及ぼす影響、          姿勢や運動が体に及ぼす影響の三つです。


この三つが全てが重なり体調を崩している人もいます、そういう人は色々な角度からの回復を考えないと体が調子を取り戻すのは難しいです。


自分の思いや考え方は変えれるようで中々、変えれないものです。思いや考え方が原因になっている場合は、自分が腑に落ちるまで時間がかかるかもしれません。


食事は好んで食べているものに原因があったりするので、それを制限したり禁止したりしていくことが出来れば結果としては認識しやすいものです。

姿勢や運動が問題になっているケースは、単純に問題点がそれだけならば、整体やマッサージなどで回復出来ます。


食事が重要ではない人は何を食べていても体調を崩すというのは食事からということはありません。偏りがあったとしても意外と健康を保てます。


また、運動が重要ではない人は運動不足とかで体が異常をきたすというのはありません。


自分の体調不良がどこからきているのかがわかると、原因でないことを考えてストレスとなったりすることを防げます。
何が原因かということを考えるのは悪くはないし、ハッキリとさせるべきことですが、一人で変に考え過ぎるのはストレスになります。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

髪は内面を表す