制限を守るという厳しい取り組みには…

占いの運気改善策のひとつである食事制限などで示される食べ物などは制限する理由が必ず存在します。


一時的に悪影響のある場合もあるし体質的に悪影響があるから継続的に避けた方が良いというものもあります。


一時的に悪影響のある場合は季節、年齢、本人にとって人生の変わり目、誰か大切な人の為などに出ることが多いです。
但し、一時的ですから一定期間を過ぎたり、その制限により何かが満たされた状態になってしまえば大丈夫になります。


その代わりその期間はなにがなんでもその制限を守ることが健康を高めたり運気を高めたりすることにつながります。


体質的に悪影響のある場合はその制限は、永続的に守らなければならないものです。
ただ、その悪影響を覆すほどの良い行いをした時や良い出来事が起きた時などはその時に限り大丈夫になる場合があります。
その他にも何か困難を乗り越えた時にも大丈夫になる場合があります。

そういう時は何か大きな運のストックが生まれる為にその運を使い制限が解除出来るのです。しかし、いずれにしても限定的ではあります。


たまにこういうことがあるのは制限を守るというのは大変なことだからです。
体質的に良くないものなら守れると思うかもしれませんが中々わかっていても出来ないものです。

例えば、お酒を飲めない人が飲むと体にすぐに反応が出て大変な思いをするというような場合は守りやすいです。


しかし、知らず知らず蓄積されて気付いたら大変なことになってしまうようなケースもあります。この場合、体にすぐには反応が起きないから問題ないだろうみたいなことでなってしまいます。

人は、その場で苦しい目にあうとか、痛い目にあうとかしないと、中々、事態を理解し行動を実践継続していくことは難しいということです。

自制するというのがいかに難しいかということです。だからこそ、緩急が必要で、頑張って大きなことをやり遂げたときなどには緩和ということが起きてきます。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です