ストレートに行き過ぎる時

感情と人の体は深く関わりがあります。
ですから
何を思いどう感じるかにより体に違和感や痛みが出ることがあります。


例えば、自分の想いをうまく表現出来ないときは胸の辺りに何とも言えない感じが出たりします。
愛をうまく表現出来ない、自分をうまく表現出来ない、やりたいことをうまく表現出来ない、そんな時に胸に違和感を覚えます。


うまく出来ないもどかしさが渦巻く場所が胸なのです。
そして、こういうもどかしさがある時、あなたの行動や発言は、自分を理解して欲しいあまり直線的・直接的になってしまっています。


自分の想いを何とか伝えたいからとストレートに行き過ぎると相手は困惑してしまいます。


また、自分の想いを伝える方法が言葉だけだと思い込んでしまっているので直線的・直接的になってしまいます。


自分の想いを正しく伝え相手に理解してもらうには、あなたが日常で周囲に対する姿勢や態度を少しずつ変えていくことで言葉はなくともあなたの想いは伝わっていきます。


大切なのは、あなたが結論を急がずに周囲の人の声をまず聞くということに徹すると自分の想いが変化して相手の気持ちを汲み取って話が出来てきます。


もどかしさから、たまらずに自分の想いをダイレクトに表現しようする時、あなたは気持ちが内向きなっています。そういう時、意識的に周囲のことをよく見たり聞いたりするようにしてみて下さい、そうすれば胸の違和感は小さくなります。

お気軽にお問い合わせください。090-5648-2582受付時間 9:00-18:30

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

美容と人の本質